カテゴリー

お勧めアイテム テニスな日々

AK PRO CX16ガット張り替え

2020年2月9日

7ヶ月ぶりのガット張替え

7ヶ月間もガットを張り替えずにいたら久しぶりにガットが切れた。
当然か・・・。
1月あたりからそろそろ切れそうな感じだったけど、そのまま放置してテニスしていた。

サーブを打った瞬間にパチンという音。
いつもは3カ月程度でガットを張り替えるんだけどな・・・。

AK PRO CX16 冬場のテンション


 翌日、成城学園前のCOURT KEEPER SEIJOに行ってガットを張り替えた。
ここ数年、ガットを張り替える時はこちらでやってもらっている。

以前、テニス肘を患った経験もあり、店員と相談してテンションは 44ポンドにした。
45ポンドから1つ下げただけだから大して変わらないと思ったけど、打球感がかなり柔らかい。
いつもと違う方にガットを張ってもらったからかな?
良いとか悪いとかではなく、ストリンガー個人個人の個性なんだと思う。

真冬に肘を痛めるより、柔らかいテンションでテニスをした方が良いか・・・。
とりあえず、ゴールデンウィーク前まではこのテンションでテニスをするか。

私のラケットとガットの使用歴

テニスを始めた11年前はバボラのピュアドライブからスタートして3モデル愛用した。
そして、2013年からウィルソンに変更。
それ以降のラケットの使用歴はこんな感じ。
100インチのラケットからいきなり90インチに変更してガットのテンションも高い。
格好つけ過ぎたか・・・(笑)

【2013年】
ラケット:PRO STAFF SIX.ONE90
ガット:ルキシロン4G 125
テンション:55ポンド。

簡単に言うとボールが飛ばないラケット、硬いガット、高いテンション。
ラケットショップの店員から『肘を痛める条件が三拍子が揃っている』
と言われた。
初めてのテニス肘  ( ノД`)シクシク…
しかも併せて四十肩(五十肩?)も発症  (+_+)

【2015年】
ラケット:PRO STAFF 95
ガット:テクニファイバ XR3
テンション:46ポンド

【2016年】
ラケット:PRO STAFF 95
ガット:AK PRO CX16
テンション:44~46ポンド

【2018年~】
ラケット:PRO STAFF 97CV
ガット:AK PRO CX16
テンション:44~46ポンド

 

AK PRO CX16 の特徴


※ゴーセン公式サイトより引用

ポリの耐久性とナイロンのホールド感を併せ持つ、ポリでもないナイロンでもない新しいタイプのガットだ。

もうこのガットを使って4年位経つかな・・・。
テンションは季節によって、冬は44ポンド、春・夏・秋は46ポンドで張っている。
そのお陰かテニス肘になることはなくなった。

ゲージ:1.24mmのAK PRO CX17を1度だけ使ったことがあるけど、ゲージが細いので打球感が硬く感じた。
なので今は、AK PRO CX16を愛用。

テニスが無い人生なんてあり得ない(笑)

怪我でテニスができなくなるなんてあり得ない。
70歳を過ぎてもテニスコートに立っていたい。
これからもテニスを楽しもう!

No Tennis No Life.

Follow me!

人気の記事

WOWOWの放送予定 1

こんな方におすすめ ATPツアーを視聴したい人 グランドスラムを視聴したい人 男子シングルスの視聴できる方法を探している人 としろういよいよ2019年のATPツアーがスタートしたね! 本当に楽しみだわ ...

ラケットのストリング(ガット)を張る時に、当て革を着けた時の効果とは? 2

ラケットに着いているこの不思議な物は何だ? このラケットの振動止めの下に3つ着いている黒いコルクみたいな小さい物はなんだろう? この1年、世田谷区内のラケットショップでストリング(ガット)を張り替える ...

プロスタッフ97CV 3

こんな方におすすめ フェデラーファンの人 トップライトのラケットが好きな人 ボールの飛びが良いラケットを探している人 フェデラーのシグネイチャーモデル(PRO STAFF RF97 Autograph ...

ビデオオンデマンド 4

元世界ランキグ2位のマイケル・チャンがテニスの基本をレクチャー! どんなことでも基本は大切。 テニスも例外ではなく、基本を知って練習することが大切です。 自己流ではなかなか上達するのは難しい。 しかし ...

WOWOWの加入は簡単 5

こんな方におすすめ これからWOWOWへの加入を検討している人 テニスを観ることが好きな人 映画を観ることが好きな人 海外ドラマを観ることが好きな人 海外スポーツを観ることが好きな人 としろう民放だと ...

-お勧めアイテム, テニスな日々

Copyright© TENNIS-CRAZY , 2020 All Rights Reserved.